2005年3月

2005年2月の日記 HOME
TOP
2005年4月の日記
2005年 3月31日(木)暖かいのに風が強い。
またやっちゃいました 午前中は普通に家事をやって、猫達と庭に出たりしていた私。それがお昼を食べた後急にお腹が痛くなった。お昼に食べたものと言えば前日に作ったミネストローネである。悪くなっていたとは思えないんだけど・・・急に気持ちが悪くなり吐き気が治まらなかった。昨年入院したときと同じ様な症状だ。一瞬救急車とも思ったけど茶太パパの帰宅を待つことにした。茶太パパが帰宅した頃には、少しだけ症状も治まってきて、お腹が少し動いている感じがした。そして、それからは下痢が始まり辛かったけど、お腹が動き出した証拠なのでホッとした。痛みは時々あるけど、水分を摂って安静にしている。夜は寝ることもできた。復活までもうちょっと。(茶太ママ記)

おかあさん、突然バタバタ苦しそうだったけど、あたし達には何にもできないもんね。あたしはおあさんの寝ている足下で一緒に居てあげたの。そのくらいしかできないもんね。

おかあさん、お腹痛いの?食べ過ぎちゃったの?それでも僕いつもの時間にはお腹が空いてご飯をおねだりしたんだけどいけなかったかなぁ。ちゃんと缶詰とカリカリは出しくれたよ。
2005年 3月30日(水)晴れて暖かいけど午後には風が強くなった。
良い感じだったのに 午後になるとリビングに日差しが伸びてくる。猫達は日が当たるところに陣取ってお昼寝を始める。ちゃこは寝る前は必ずグルーミングする。前足からはじめて、次がお腹、お股と念入りである。小次郎は適当で前足だけでOKらしい。私は猫達の隣で運動していた。(サイドステッパー買ったの。(^m^)ダイエット中です。)平和な午後だなぁ・・・って思ったとたん、小次郎がクルリと寝返りをうち、グルーミングしていたちゃこにバトルを仕掛けた。「やめなさい!」(言葉だけでは絶対やめない)と言いつつ写真を撮り、その後仲裁に入った。平和な午後は一瞬だった。(茶太ママ記)

思い思いにグルーミング中。まず前足から〜。

小次郎は終了。ちゃこは念入り。上から撮ってます。後ろ足はべーたっと広げてます。

ちゃこはお股のグルーミング中だったので後ろ足を開いてます。それを生かして後ろ足が小次郎の額に命中。小次郎はちゃこの太ももをカミカミしようとしています。お互いに前足は猫パンチを打ち合っています。結局この後私が仲裁に入り、面倒になったちゃこはソファーで寝ることになりました。「なんで?僕はおねえちゃんと遊びたかっただけなのに・・・」小次郎はぼーっとしたまま残されました。
2005年 3月29日(火)朝方は曇って日中は晴れ。風が強すぎ。
見回り?のぞき? 小次郎は庭に出ると必ず周りの家の塀のところから周りの家の様子を見ています。←は南側を点検しているところ。私が見ると何もないところなのに熱心に見ている。南側の塀は高いのでちょっと高い庭石の登って見てます。のぞき猫として逮捕されそうな小次郎である。(茶太ママ記)

東側のお家のお庭をチェックする小次郎。「おかあさん、お庭綺麗だよ。うちも頑張らないとダメだよ。」はい。もう少ししたら、うちもお花が沢山咲くから待っててね。球根から沢山芽が出てるでしょう?

西側のお家のお庭も点検。ここは他のところよりも時間を掛けて点検する小次郎。何か変わったものでもあるのかな?「秘密〜!」のぞいている後ろ姿がとても可愛いと思うのは私だけなのかな。
2005年 3月28日(月)午前中から雨が降り出し肌寒い。
雨の日は 昨日あんなに暖かくて良い天気だったのに今日は雨。外に出られないから、あたし達はお昼寝してるしか無いんだけど(雨の日は家の中でも遊ばない猫達)小次郎の寝相を見ると笑えるわ〜。あたしは出来ないわあんな格好で熟睡なんて。(ちゃこ記)

ソファーに寄りかかって熟睡する小次郎。撫でても起きません。顔が三角に見える。(^m^)

別の角度から見るとこうなっています。首寝違えそうだけど・・・大丈夫らしいです。
2005年 3月27日(日)朝から気温が上がって外にいるのも快適!
祝!初木登り 今年に入ってから小次郎は時々木登りに挑戦するようになった。でもまだ一度も成功したことがない。それがこの
日初めて成功した。ウッドデッキで見ていた茶太パパが写真を撮っていた。やったね、小次郎。私は成功した後に見ることができた。うちの山紅葉はまだ木登りには役不足だけど、小次郎は嬉しそうだった。小次郎の木登りの成長に合わせて、山紅葉も大きくなって欲しいな。しかし小次郎くん、なかなか降りない。どうしたのかと見ていると降りられなくなっているようだ。結局茶太パパに降ろしてもらった。それも小次郎らしいね。そういえば茶太郎が木登りしたのも同じ時期だった。小次郎はこれからもずーっと元気で木登りしようね。茶太も見守っててね。(茶太ママ記)

1.登りはじめ。

2.頑張れもう少し。

3.やったね♪小次郎。

4.茶太郎おにいちゃんを思い出すちゃこ?


5.対抗するちゃこ。(^m^)
2005年 3月26日(土)晴れているのに風が強かった。
新しいおもちゃ 前日に送られてきた猫用品・雑貨のカタログを茶太パパが熱心に見ていた。「このオモチャ良いと思わない?」というのでカタログを見てみると木の箱に穴があいていて中にボールが入っているオモチャが載っていた。前足でボールを転がしてボールを外に出すことも出来るらしい。なかなか頭を使いそうなものである。ちゃこはちょっとした隙間を見つけると前足を入れて遊んでいるのを見かけるので良いかもしれない。しかし値段が高い!遊ぶか遊ばないか判らないオモチャに8千円は高額である。それを茶太パパに言うと「作れるんじゃないか?」とのこと。じゃあ作ってもらおう♪ということになり材料を探しに100円ショップへ出かけた。

あたしはピンポン球が気に入ってるの〜♪(ちゃこは箱にぶつかって音が出るのが好き)

横の穴からも前足を入れて上手に動かしてピンポン球を出します。

僕はポンポンとネズミを入れてもらったの♪(ポンポンを入れるまでは遊ばなかった。)

小次郎は上の穴から前足を入れたり口を突っ込んだりして取ろうとします。
しかし、板はちょうど良いのが無くて、電動ドリルに取り付ける穴開けのツール、中に入れるボールを購入した。家に戻って茶太パパは買ってきたツールがドリルに合わないことを確認、ちょっとガッカリした。しかし、あきらめない茶太パパは段ボールで作ることを思いついた。350mlのチューハイの箱を横半分に切って薄い箱を作り、それに買ってきたツールで穴を開け、ボールを入れて完成した。ちゃこと小次郎はそれぞれにお気に入りのオモチャ(ボンボン、ピンポン球、ネズミ)を入れてあげたら夢中で遊んでいた。制作費200円!潰れやすいのが難点だが、また作ればいい!!ということで大成功だった。ちゃこが遊んでいる姿を見て茶太パパは「おとうさんはあたしの気持ちを一番よく知ってるのね〜!」とちゃこの気持ち(?)をアフレコしていた。(茶太ママ記)
2005年 3月25日(金)天気は良いのに風が強くて寒〜い。
こんな時は 猫達がへそ天して寝ている。こんな時私が猫達に掛ける言葉は「昆布巻いておきなさいね。」である。まるで海にぷかぷか浮いているラッコを連想するからである。ラッコは寝ているときは昆布を巻いて流されないようにするという賢い動物である。我が家の猫達も何かしら野生の知恵を持って欲しいと思う。でも地震の時でも私より後に気がつくくらいだから野生の・・・っていうのは無理なんだろうな。(茶太ママ記)

ラッコって何?食べ物?
「ちゃこに似てる動物。」
まっ可愛いのね、きっと。

昆布って何?食べられるの?
「食べれるけど
小次郎にはどうかな?」
2005年 3月24日(木)午前中はポカポカ陽気、午後急に曇って雨が降ってきました。
心配性 私は自他共に認める心配性である。猫達の様子がおかしいかも知れないと思っただけで過敏に反応し、猫達のストーカーをしながら様子を見る。そしてそれは人間に対しても同じである。今日は私の喉が数日前からイガイガする違和感があるということでお医者さんに行った。熱があるわけでもないし、声が出なくなったわけでも、ご飯が食べられなくなっただけでもないのにである。以前TV番組「本当は怖い家○の医学」で喉の違和感を見過ごしたばっかりに窒息死したというのを思い出して怖くなったのである。診断結果は「喉の炎症」であった。「喉頭癌でも咽頭癌でもありません!」と断言されて安心した。炎症止めの薬をもらったので、これで治ってくれると良いなと思う。「本当は怖い家○の医学」・・・見てると何もかもが大病の前兆に思えて怖い。見ないようにしようかなぁ。(茶太ママ記)

おかあさん、最近あたし達の心配をすることが無くなったから、自分の身体の事で心配事を作っているみたいよ。でもさ、客観的に見てると、よく食べるし(食欲増進中)、太ってきたし、別にどこも悪くなさそうなんだけどなぁ。あたしが思うに、太ってきたのが色んな症状を出してるんじゃないのかしら?肋間神経痛もそのせいじゃないのかな。小次郎はどう思う?

おかあさんは心配事のネタを探して歩いてるみたいだよね。僕たちの事も点検してるしね。最近は僕たち元気だから安心して太って来ちゃったんだよ。この前「最近ご飯が美味しくて〜。」って言ってた。僕に食べ過ぎると太るって言ってるのにね。でも今日体重はかってショック受けてたよ。「絶対痩せる!」だって。猫のダイエットより難しそうだよね。
2005年 3月23日(水)昨日の雨は少しだったけど今日の雨は本降り。
くるりん手 今日も雨で外に出られない猫達は寝てばかりいた。(起きて騒がれるのも大変だけど)そんな猫達を観察していると前足をくるっと巻く仕草をよくやる。香箱を組む途中なのかなと思ったりするがそうではないようだ。何か意味がある仕草なのかな?猫らしくて可愛い仕草の一つである。tora☆7sのトラちゃんの得意技だ。トラちゃんほどくるりん歴は長くないけど、得意技と言えるくらいに愛らしい仕草をうちの猫達もきわめて欲しい。(茶太ママ記)

無我の境地?でもくるりん手をする小次郎君。右前足がくるりんしていると白手袋の穴あきがはっきり判って嬉しい。こうしてみると小次郎の二の腕(って言って良いのかな?)あたりの逞しさが・・・この手が私に猫パンチするのだ。

↑白い手に指1本だけ茶色。穴あき手袋みたいでしょ?ちゃこもテレビの上で身体を思いっきり伸ばしながら前足はくるりん巻き。ちゃこちゃん、それは何か意味がある仕草なの?「あたし猫だからやってるのかも。わかなんいわ。」
2005年 3月22日(火)なかなか雨が降りません。UPしたとたん降り出しました。
疑る猫たち おかあさんが「今日は雨が降るから庭には出られないわよ。我慢しようねっ。」っていうんだけど、あたしが見ているところまだ雨は降ってこないの。そんなんだったら、あたし達外に出られたんじゃないの?明日も雨が降るなんて言ってるし。余計今日外で遊びたかったわ。(ちゃこ記)

ねえねえ、おかあさん、まだ雨降ってないわよ。本当に降るの?「天気予報では絶対に降るって言ってるよ。」

おねえちゃん、今度は僕が見張っててあげるから、おねえちゃんは寝てて。僕頑張るから・・・・・Zzzzzz・・・・・・
2005年 3月21日(月)ポカポカ陽気♪
砂浴びしました 朝から良い天気だったので、猫達は早めに外に出してもらえた。外に出ると、ちっともじっとして居られない。ミミズを見つけた場所
に行って土を掘ったりする。その上、土の上でコロコロする猫達。ハムスターは砂浴びするけど猫にもそういう習性があるのだろうか?コンクリートの上でコロコロしたりはするけど・・・いっぱい土をいじったので猫達の白い足は灰色になってしまった。こんな時は洗うしかない!バスタブにちょっとお湯をはって足を洗う。ついでにお尻とお腹も!全身じゃなかったので、あまり気にしていない猫達だった。上の写真は洗われた後。(茶太ママ記)

枯れ葉の集まったところを熱心に観察する猫達。何か居るの?茶太パパが見たら何も居なかったらしい。

小次郎ばかりかちゃこまでコロコロしていた。暖まった岩を枕にへそ天するちゃこ。小次郎ほどではないけど土やゴミが毛についていた。ブラシで落とした。

岩を枕にお昼寝するちゃこと、何か居ないかキョロキョロする小次郎。お隣との塀のところが猫達のお気に入り。

砂浴び(土だけど乾いて砂みたいな状態)する小次郎。「小次郎!」と声を掛けると止めるが、私が目を離すとまたやる。ハムスターは砂で身体を洗うというけど猫もなのかな?
2005年 3月20日(土)薄く晴れ間はのぞいても殆ど曇り。九州西部沖地震起こる。
見てみて〜! 「ちょっと見てみて。」と茶太パパが言うので見ると茶太パパが両脇に猫を置いてご満悦だった。「ここに連れてきたんじゃないよ。猫達の方が来たんだよ。」ちゃこは膝にのったりしないけど、小次郎は最近茶太パパの膝が好きになったらしい。「おいで小次郎!」と茶太パパが呼ぶと小次郎がやってきて膝にのせてもらう。腰パンをしてもらってうっとりしているのだ。はいはい、凄いね。さすが猫使い。なのに猫達を置いてパチンコに行った茶太パパなのだった。(茶太ママ記)

何となく羨ましい状態。でも私だって・・・と張り合ってみたりしても空しいので止めることにする。茶太パパの何が猫達にうけるのか今後観察していこうと思う。パチンコ好きは猫にもてる?そんなことあるはずが無い!手の大きさがうけるのかも・・・それとも体温の高さか?

「考えても無駄よ。」とでも言いたげなちゃこちゃん。夜は茶太パパの腕枕がお気に入り。でも昼は絶対に抱っこされたりしない。でもお散歩は茶太パパと行くことに決めている。小次郎は膝に抱っこしてもらうのがお気に入り。とくにあぐらをかいているところに乗せてもらうのが好き。
福岡県、佐賀県地方に大きな地震が発生。11時少し前だった。M7 震度6
新潟中越地震の事を思い出す。余震はしばらく続くかも知れない。被災地の皆さんお見舞い申し上げます。少しでも早く余震が治まって、元の生活に戻れますように。玄界島のみなさんが早く帰島できますように!
2005年 3月19日(土)午前中は風が強かった。午後は風が止んできた。
ペンキ塗りました 先日ウッドデッキのラティスを塗り直した。そしたら、テーブルとイスが気になってきた。防腐、防水も兼ねて2年に一度は塗り直さないといけないのだ。そう思うと週末はあまりペンキ塗り日和が無い。そしてやっとこの連休にチャンスが巡ってきた。午後にさあ塗ろう!と思ったら「昼寝してからね。」と暢気なことを茶太パパが言う。結局始めたのは3時半頃。スロースターターである。塗りだしてみると、なかなかペンキが木にのらない。何度も何度も塗ってやっと色が出る感じだ。塗ったばかりの時は、どんな色になるか判らない。乾いて馴染んでみないと・・・翌日ウッドデッキのパネルと同じような色になっていて安心したのだった。これで雨もはじくようになるね。(茶太ママ記)

これは乾いたテーブルとイス。21日撮影。
2005年 3月18日(金)晴れ!ポカポカで暖房要らずでした。
寝不足も限界点に・・・ 昨夜は私と猫達で就寝・・・しかし、ちゃこは自分のカゴで眠り、小次郎は少しだけ枕の上に居てどこかに移動していった。いいけどね。暖かい夜だったし。そして、猫トイレの砂をかく音で目が覚めた。ちゃこだった。時計を見たら1時半だ!ちゃこが寝ていたカゴには小次郎が入っていた。どうやら小次郎に寝場所を取られてちゃこが起きてしまったらしい。前日寝ていてあまりご飯を食べなかったちゃこはお腹も空いたらしい。でも、さすがに1時半では起きるわけにはいかない。小次郎を別のところに移して、ちゃこをカゴに戻す。しばらくして砂をかく音が響く。また、ちゃこだった。私を起こすためにやっているらしい。小次郎はまたちゃっかりカゴに入っている。それから断続的に私を起こす行動が・・・4時半まで我慢した。せっかく寝坊できるチャンスだったのに、いつもより眠れなかった。(泣)(茶太ママ記)

そもそも小次郎がちゃこのカゴをとったところから全てが始まっている。いつものように私の横で寝てくれていたら良かったのに〜!「僕はね、おねえちゃんと寝たかったのに、おねえちゃん行っちゃったんだもん。」だからといって夜中からおかあさんのお腹に飛び乗ったり、マブタを噛んだりしちゃダメでしょう!!凄く痛くて、情けなかったんだからねっ!!そうまでして起こしたのに、ご飯食べたら爆睡しているのは何故なの〜ぉ。

小次郎にカゴを取られてイライラしたのは判るよ。判るけどなんで1時半から起こすわけ?早く起きたからって、おとうさんが帰ってくるのは夕方なんだよ。初めは前足をぷにぷにと私の顔に当てて起こしていたちゃこだったけど、小次郎にマブタを噛まれた直後に爪出し猫パンチをしたちゃこである。おかあさんは泣きっ面に蜂状態だったわ。悲し〜ぃ。「だってお腹空いたんだもん。」ご飯を一気食いしたちゃこだった。
2005年 3月17日(木)午後になって日が差したりしたけど、殆ど曇り。
猫仕様 我が家は全て猫仕様だという茶太パパ。茶太パパ自身も猫仕様にできていると豪語する。「ちゃこは腕枕で寝てくれるし、小次郎は膝に乗ってくれるぞ!」というのだ。そうかも知れない。我が家で猫達が入らない場所は人間のトイレくらいなものである。電化製品の殆どがちゃこの暖房器具だし・・・でも私は猫仕様になりきれていない。小次郎仕様にはなっているけど、ちゃこは茶太パパが留守だと私と寝てくれない。実は今日は茶太パパが仕事で留守なのだ。猫達は一緒に寝てくれるだろうか?私がちゃこ仕様になれる日は来るのか?(茶太ママ記)

えっ、今日はおとうさん居ないの?じゃあ、おかあさんがカニかまくれるのね。おかあさんは、カニかまの出し方が食べにくいのよ。おとうさん、カニかまの時だけでも帰ってきてくれないかなぁ。夜?寝るときはエアコン入れてね。あたしは自分のカゴで寝るから。おかあさんと一緒に寝ても腕枕へただし寝返りうつからヤダ!

小次郎はおとうさんがあぐらをかいて膝をポンポンと叩くと、右の写真の様にすっぽり収まって寝てしまう。上は私の膝に寄りかかって寝ている小次郎である。
小次郎くん今日はおとうさん留守だからね。「えっ、そしたら僕おねえちゃんと寝る。」ちゃこがベッドに来ないと小次郎も来ない決まりになっているらしい。
2005年 3月16日(水)ポカポカ陽気♪日中は暖房要らず。
春ですねぇ 今日は早くから気温が上がってポカポカ陽気。そのせいか小次郎は家の中で羽虫を追いかけ夢中になって鉢植えの花を折ったりしていた。このままではいけないと羽虫をスリッパで一撃して退治した私。小次郎に恨まれたのは言うまでもない。それから、猫達は庭に出て日なたぼっこ・・・を大人しくしていてくれれば良いのだが、小次郎は畑のところの土掘りに夢中。何か興奮しているなぁ、と近くに行ってみたら大きなミミズを掘り出していた。口にくわえる前に小次郎をウッドデッキに戻す。その間にちゃこがミミズのところに・・・ちゃこをウッドデッキに戻し、猫達がまたミミズを見つける前にミミズを避難させたのであった。(茶太ママ記)

優雅に日なたぼっこするちゃこ。さあ、ブラッシングしようね。小次郎はどこにいったのかな?あーあー、また土掘ってる。足が汚れるなぁ・・・ちゃこちゃん、ちょっと待っててね。

小次郎のシッポがパタパタ動いている。興奮してるね小次郎。トイレしちゃダメだよ。んっ?何か見つけたの?「これ、動いてるよね。おかあさん。」えっ・・・小次郎君、それはミミズだよ。捕まえちゃダメだよ。ウッドデッキに戻ろうね。「いやだぁ〜!」

小次郎を抱えて戻るとき、私の足下をちゃこが通り過ぎていった。「なになに〜?あたしも見る〜♪キャー動いてる。遊んで良いの?」ダメだよ、ちゃこちゃん。

ミミズは苦手だけど土を耕してくれるのですぐに土に戻すことにしている。猫達がまたやってくる前にスコップで安全なところに移動させた。そこに猫達は揃ってやってきてミミズが居た場所を掘っていた。「あれ居ないねぇ。」「もっと掘るのよっ!」
2005年 3月15日(火)晴れのち曇り。寒い・・・
可愛がってます オフ会の時ににくきうさんからいただいた編みぐるみは、現在猫達のお気に入りになっている。ちゃこのカゴに入れているので、ちゃこは寝るときに抱え込んで寝ています。女の子って感じ。そして小次郎も・・・小次郎なりに可愛がっています。転がしたり、囓ったり、ケリケリしたり。小次郎、ぴーちゃんが泣いてるよ。(茶太ママ記)

ちゃこの編みぐるみ「パンダさん」寝るときは抱っこしています。とっても気に入っているようです。ちゃこちゃん、女の子だねぇ。

小次郎の編みぐるみ「ぴーちゃん」(ひよこさんだから)少々手荒なかわいがり方をされてます。大事にしてね、小次郎。
2005年 3月14日(月)晴れたり曇ったり。ちょっと寒かった。
ホワイトデー 今日はホワイトデーである。これは日本だけの習慣らしい。バレンタインデーは女性から男性へ。ホワイトデーは男性から女性へ。貰いっぱなしでは申しわけないという日本人に合った習慣なのかもしれない。そういえば、今年のバレンタインデーは友チョコや自分チョコが流行りだったらしいけど、ホワイトデーもそういうのがあるのかな?何にしても美味しいものを送ったり送られたりするのは楽しいイベントかも知れない。上のお菓子の詰め合わせは茶太パパから私とちゃこちゃんへもらったもの。小次郎からはこんな凛々しいカードです。小次郎だってやればできるのよね。(茶太ママ記)

僕だってこんなに格好いい顔も出来るのに、おかあさんは面白い写真しか日記に使ってくれないんだよ。
2005年 3月13日(日)快晴♪でも気温が低かった。
北関東オフ会茶太家おでんパーティ 予てから計画していた北関東オフ会の日である。参加者は、にくきうさん、ディノママさん、モンジャのママさん、おじゃるさん、私の5人。(kajinさんは残念なことに風邪で来られなかったです。早く良くなってね。)駅で待ち合わせ我が家へ。その間も既に会話は盛り上がっている。猫友さんは本当に初めて会った気がしないものである。
家に到着すると運転手の茶太パパはおパチンコへ直行した。まっ、仕方がない。

にくきうさん撮影
お土産にいただいた編みぐるみのぴーちゃんと。目がまん丸。

にくきうさん撮影
小次郎が2階に行ってしまった後にちゃこがカゴに入りました。
そして、いよいよ猫達との対面である。ちゃこは大丈夫だと思うが小次郎はどうだろう。リビングに入るとちゃこはソファーでくつろいでいた。小次郎はソファーの横で固まっていた。逃げないので私が抱っこして皆さんにご挨拶・・・と思ったら抱っこした小次郎のお尻の辺りが暖かくなった。シー・・・という音もする。やられた。小次郎緊張のあまりシッコしてしまったのだ。でも私にで良かった〜。その後もカゴに入って固まっていたがしばらくはそこにいてくれた。頑張ったよ、小次郎。片やちゃこはリラックスモード何をされても平気な状態である。さすが茶太郎仕込みの営業部長である。
猫達との挨拶がすんで宴会開始!メニューはおでん、おいなりさん、チーズ揚げ、ネギチャーシューのミニ春巻きである。

にくきうさん撮影
固まってます。

ディノママさん撮影
喉ゴロゴロされるままです。

ディノママさん撮影
モンジャのママさんにだっこ。

ディノママさん撮影
カメラを向けられてもリラックス。

小次郎登場!ずっとじっとしていることは出来ない猫らしい。「おねえちゃん今度は僕の番」モンジャのママさん撮影

ヒモ系のオモチャ大好き♪遊んで遊んで〜!
それとビール、ワイン♪皆さん結構いける口で、猫達の話をしながら飲んで食べる。
私が初めてお会いしたのは、にくきうさん、ディノママさん。私にとってはお二人とも猫達の恩人である。にくきうさんは小次郎の里親募集の時、ディノママさんはちゃこの病気の時とてもお世話になったのだ。お二人とも私が想像していた通りの方だった。モンジャのママさんも、おじゃるさんも初めて会ったなんて思えない盛り上がりであった。(^m^)
にくきうさんは少し早めに帰られるので、その前に2階で隠れていた小次郎を抱っこしてご挨拶した。
午前中にくきうさんがカゴに入っていた小次郎の鼻のところの白いところを見て
「ここ白いんですよね。」って言っていた。きっと小次郎がにくきうさんのところに居た頃を思い出していたのかな。私もウルッとしてしまった。にくきうさんに大きくなった小次郎をお見せできて良かった。こういうところで暮らしてるんですよって見ていただけて良かった。(^-^)
その後しばらくして、ちゃこがオモチャで遊んでいると2階から小次郎が降りてきた。もう少し早かったらにくきうさんにも見てもらえたのに残念!おじゃるさんとディノママさんに遊んでもらっている小次郎は午前中の小次郎とは違う猫になっていた。スロースターターなんだよね。1泊してもらえば、もっと違う小次郎が見られるかもしれない。
楽しい時間はあっという間で夕方になってしまった。車で送ってくれるはずの茶太パパは「ここ(パチンコ屋)からだと間に合わない。」ということで、駅まで歩いて行くことになってしまった。ごめんなさいね皆さん。でも私は駅までおしゃべりできて楽しかった。(^m^)
またオフ会でお会いしましょうね。本当に楽しい一日!私が一番楽しんじゃったかも!お土産も沢山いただいちゃいました。ここに写っていない美味しいお土産もあったんですよ。写真を撮る前にお腹に入ってます。(笑)
ちなみに、茶太パパは負けて帰ってきました。(^-^A(茶太ママ記)
2005年 3月12日(土)晴れのち曇り。風が強い。
こんなもんよね 小次郎は時々気取ったポーズのまま寝ていることがあるのよ。でも日が当たるポカポカの場所で寝ているから、アッという間にはしたないポーズになっちゃうの。気取ったポーズは5分ももたなかったわ。小次郎だからね。(ちゃこ記)

「僕だって頑張れば格好いいと思わない?ポカポカして眠い。」Zzzzz・・・

ち「でもね、5分後がこれなのよ。レンジでチンしたチーズみたいよね。」
2005年 3月11日(金)曇りのち雨。気温も低いです。
今日は寒い 一昨日と昨日の夜は暖かかったので、ちゃこは茶太パパのところには来なかった。カゴベッドで寝ていた様だ。小次郎は私の横で寝てたけど。そのせいなのか茶太パパはクシャミが出るとか鼻が痛いとか言っている。「花粉症?」と聞くと「絶対に違う!」と言い張る。「ちゃこちゃんが、今まで黴菌や花粉から守ってくれてたのが、一緒にいてくれないから一気にやられたんだ。」と言っている。今日は寒いから小次郎と寝ていたちゃこ。今日は茶太パパと寝てあげてね。(茶太ママ記)

今日は日中の方が夜中や朝より寒いのね。でも、おかあさんはエアコンを入れてくれないの。小次郎が無理矢理入ってきたけど、今日は暖かいから一緒にいても良いかも。ただちょっと狭くて身体を伸ばせないのが辛いわね。小次郎もこれはこれで可愛いのよね。

小「おねえちゃん暖かいね。僕昨日もおかあさんと寝たんだけど寝相悪いから、ちょっと寒かったよ。」ち「あたしは一人で寝たの。ちょっと暖かいとおとうさん寝相が悪いのよ。」小「今日は寒いからおとうさんと一緒に寝てあげたら?かわいそうだよ、おとうさん。」
2005年 3月10日(木)昨日よりは暖かくないけど良い天気でした。
おにいちゃんの記念日 今日は茶太郎おにいちゃんの誕生日です。それと、この家に引っ越して4周年なんだって。おにいちゃんの誕生日に近い日に家ができたので引っ越しの日はおにいちゃんの誕生日にしたんだって聞いたわ。もともと、おにいちゃんに日なたぼっこをさせたいからお家を買ったらしいのよね。おにいちゃんはあたしと一緒に外で日なたぼっこするのが好きだったんだよ。今も時々あたし達の様子を見に来ているような気がするわ。おとうさんとおかあさんの事はあたしと小次郎が面倒見てるから心配しないでね。小次郎はおにいちゃんに似てるわよ。舐め取りするところとかソックリよ!でもお客さんが苦手なところは似てないの。早く成長して、お客さんに営業できるようになってほしいわ。(ちゃこ記)

もう茶太郎は歳をとらないけど、この日は茶太郎が生きてた証の日だから忘れないようにしたいです。茶太郎が居なかったらこの家も無くて、ちゃこも小次郎も居なかったんだよ。茶太郎うちの子になってくれてありがとうね。これからも、ちゃこと小次郎を見守ってね。
2005年 3月 9日(水)今日も晴れ!夕方になっても暖かいです。
ムクムク・・・ 私がPCに向かっていると突然ムクムクとディスプレイが動いて角度が変わる。それはディスプレイの後ろで小次郎が昼寝しているからだ。初めは丸くなって寝ているのに暖まってくると身体を伸ばしてくる。そのうちディスプレイを後ろ足で押し、横の隙間から後ろ足が出てくる。別に良いんだけど電源だけは切らないでね。(茶太ママ記)

これが私のPCスペース。リビングに置いてあるのでリビングが狭くなっている。テーブルの下には猫トイレがあるので移動できない。(^-^;

隙間からのぞくとこんな感じで寝ている。小さな座布団を敷いているので快適らしい。ここが熟睡できる場所らしい。前足突っ張ってます。
2005年 3月 8日(火)もうすっかり春の気分〜♪
姫様 ちゃこは家族を利用するのがとても上手だ。私にブラシを掛けてもらうときも、右をやったら次は左を向く。「ここをやってね。」ということらしい。小次郎にグルーミングされるときも、グルーミングして欲しいところを小次郎に指示する。「頭や首のところは自分で出来ないんだもん。」それはそうだけど、ちゃこちゃんは小次郎君のグルーミングしているところをあまり見かけない。この2匹にgive and takeは無いらしい。(茶太ママ記)

小「おねえちゃん、グルーミングしてあげるね。」ち「あらそぉ?じゃ額のところからお願いね。」小「かしこまりました。こんな感じでどうでしょう?」ち「なかなか良いわね。」(小次郎はちゃこの指示したところをグルーミング)

ち「次は耳のところね。」小「かしこまりました。他にはございませんか?」ち「もういいわ、ありがとう。」ちゃこは茶太郎にもグルーミングしてもらってたから、そういうものだと思っているのかもしれない。
2005年 3月 7日(月)すっきり晴れ〜♪ぽかぽか陽気でした。
もうすぐ春 数日前に雪が降ったなんて信じられないくらい暖かい日。朝、洗濯物を干していると待ちきれない猫達が私を見張っている。掃除もしたいけど、その前に猫達を外に出すことにした。日なたは本当に気持ちいい。猫達も嬉しそうだった。日なたぼっこさせながら、猫達をブラッシングする。よその洗濯物やお布団に飛んでいかないように気をつける。ラバーブラシをかけた後は櫛で仕上げる。ブラッシングを強化してからは、ちゃこのウンPも順調だ。やっぱり毛が原因だったかも。暖かいので猫達はなかなか家に入ってくれなかった。おかげで掃除は遅くなったけど、ドアも窓も全開で掃除できたのが嬉しかった。(茶太ママ記)

良い天気ね〜♪毎日こういう天気だったら良いのになぁ。それで、おとうさんが毎日休みでお散歩に連れて行ってくれたら言うこと無いのに・・・(それはそれで困るのよ、ちゃこちゃん。)さっき、おかあさんにブラシをかけてもらったの。あたしはブラシをかけてもらうのが好きだから、ブラシをかけやすいポーズで日なたぼっこしてます。でもね、おかあさん、あたしレディなんだからウンPのことは言わないで欲しいわ。

僕も日なたぼっこ大好き!花壇の点検も好き♪今日はいっぱい見て回ったよ。異常なしだよ。でも本当は土を掘ったりもしたいんだけど、やろうとすると、おかあさんに捕まってウッドデッキに戻されちゃうの。でも時々やっちゃうと、その後で足を塗れたタオルで拭かれちゃうのよ。それがすごく嫌だから止めて欲しいなぁ。(両隣のお家の塀のところを匂いをかぎながら点検してまわります。縄張りのチェックなのかな?)
2005年 3月 6日(日)快晴♪前日の天気予報は外れて雪は降りそうにありません。
待てません 今日も快晴!茶太パパが遊びに出かける都合上猫達は早めに外に出られた。このところのお気に入りは、この鉢。これはキャットニップが植えてある。もう4年目になる鉢だ。まだちょっとしか新芽が伸びていないのに猫達は食べ出している。もう少し伸びてからの方が食べやすいと思うけど、そんなこと猫達には関係ないらしい。今年キャットニップは成長できないかもしれない。(茶太ママ記)

小次郎は鉢に前足を乗せて食べてます。まだ土が乾いていないので、前足が泥だらけになります。小次郎背中の毛が逆立っている興奮状態。キャットニップだからなのかな?

モシャモシャと食べ始める小次郎。ちゃこも参加する。ちゃこは、こういうときは小次郎よりも不器用だ。古い茎が出ているのをよけて新芽を食べるのは大変そうだ。
2005年 3月 5日(土)快晴♪雪はすっかり消えました。
ちゃこ&茶太ママパニックす ちゃこは、ここ数日ウンPの切れが悪い。(お食事中の方失礼します。)下痢をしているとか、血便になったりはしていないのだけど、おしりにブツの一部が付いたままになっているのだ。トイレにも立派なウンPも残っている。最近食べ過ぎているのかもしれない。お尻のブツを取ってあげようと捕まえるとちゃこは暴れてなかなか一度には綺麗に出来ない。走りまわるちゃこの後をティッシュとウエットティッシュと袋を持って追いかける私・・・

追いかけるから逃げるのよ。誰だって捕まえられてお尻を触られるの嫌でしょう?

でも一人でなんとかしたかったけど無理だったわ。つかれたぁ。次はスッキリしたいわ。
なんとか捕まえてお尻のブツを引っ張る。ちゃこはパニック状態になっているが、私も逃げられてあちこちにズリズリされると困るので負けられない。何とかフキフキしてちゃこを釈放した。このところ猫草をあまり食べていないし・・・ウンPが繋がる原因はと考える。もしかしたら猫毛かもしれない。そろそろ毛替えの時期になるし、ちゃこはよくグルーミングするからお腹に毛が入っているのは確実だ。オオバコのおかげでお尻から出るのはありがたいが、繋がってしまっているのかも。すぐに反省し、ブラッシングを開始したのは言うまでもない。そして、翌日の日曜の朝4時にちゃこのウンPはスッキリでたのだった。(茶太ママ記)
2005年 3月 4日(金)のち大騒ぎした割りには雪は降り続かなかった。
雪の日の陣取り合戦 天気予報が当たってしまって雪が降った。昨日あんなに天気が良かったのにビックリである。猫達は早々に外出をあきらめお気に入りの場所で寝始めた。ふと気がつくと、小次郎がちゃこのカゴに乱入している。喧嘩しているわけでもないようなので、小次郎を退かすわけにもいかず、そのままにしていたら、ちゃこが移動して私の居たソファーに来て暖かい場所を私から取って寝ていた。一番弱いのは私?いいけど・・・それでも。
雪は午後には雨に変わり、夕方には雨も上がった。明日は晴れるらしい。(茶太ママ記)

私が見たときは、こうなってました。見事にクロスカウンターが決まってます。ちゃこのパンチは小次郎の胸に、小次郎のパンチは、ちゃこのあごに・・・こんな格好で楽なのか君たち。
「そんな訳ないでしょう!」
「えっ、僕は大丈夫だよ。」

「おかあさん、気がつくの遅いわよ。小次郎あたしの上に乗ってるのよ。重いよ〜。」

小次郎の重みに耐えかねて移動するちゃこの後ろ姿。リベンジを誓っているのか?「おかあさんの場所取ってやる〜ぅ!」

「いいもんね。おかあさんの場所取ったもん。ここは一日暖かいんだよ。」毛布の下にはレンジでチンする湯たんぽが入ってます。一日ここで寝てました。
2005年 3月 3日(木)桃の節句に相応しく快晴!
だってひな祭りだも〜ん♪オムライス・ツアー この日はkajinさんが美味しいオムライスのお店を紹介してくれるということで、北関東メンバーでオムライスツアーを決行した。そこは私が以前から気になっていたお店だった。小さくて可愛いお店♪オムライスのソースがビーフシチューになっていた。サラダ、デザート、コーヒーが付いてお得感いっぱい!その後、我が家へ。小次郎はエアコン下のカゴから私たちの様子をうかがっていたが逃げなかった。珍しい!もう一つ珍しかったのは、ちゃこが積極的に遊んだこと。お客さんが来たときに活動的になったちゃこを初めて見た。kajinさんに会うのは3回目、おじゃるさんも猫好きさんだからかな?次は北関東オフ会茶太家おでんパーティでお会いしましょう♪(茶太ママ記)

ヘッピリ小次郎君は、私のPCのディスプレイの後ろの巣穴から様子をうかがってました。外の様子がとっても気になってます。「遊びたい・・・でも・・・どうしよう・・・」オモチャで遊ぶ音がするとちょっとだけ出てくる小次郎でした。次のオフ会でリベンジなるか?

写真を撮っているおじゃるさんのカメラのストラップをねらってます。

おじゃるさんを見上げるちゃこ。「遊んでくれるの?」この3枚の写真はおじゃるさんからいただきました。
2005年 3月 2日(水)こんなに晴れてるのに明日から天気が悪いの?
素通り出来ません 2日連続同じ様な写真だけど、これは今日の写真。どうしてもエアコン下のカゴに人気が集中してしまう。小次郎はさりげなく、ちゃこの近くにやってきて隙をうかがう。私が見ていると「小次郎 ダメッ!」と言われるのが判っているのだ。それでも、ちゃこをきつく噛んだりしなければ、怒られないということも判っているらしく、ソロリソロリと近づいてグルーミングをしながら自分の陣地を広げていく。今日は無理矢理入ってちゃこの首のところに突っ伏し寝してしまった小次郎。でも小次郎にだんだん陣地を広げられたちゃこはテレビの上に移動して、私に抗議の視線を送ってきた。ごめん、ちゃこ。(茶太ママ記)

シャキーン!おっ、小次郎男前だね。

「さてと、僕は移動しよっと。」偉いねぇ小次郎、今日は紳士?

「やっぱり素通りできない!」戻らなくても・・・

「おかあさん、見てたんだったら止めてくれればいいのに・・・」
2005年 3月 1日(火)だいたい晴れの一日。
同じ場面なのに・・・ またまた、ちゃこのお気に入りのカゴに小次郎が乱入していた。シャッターチャンス!と慌ててカメラを用意してパシャ!フラッシュ使っちゃった。そしたら猫達のニャン相が悪い!「闇取引でもしているのか?」と思われる怖い顔に写ってしまった。その後フラッシュ無しで撮った写真は良い感じ。でも小次郎はちゃこの身体の上で香箱組もうとしてる。重いでしょう?ちゃこちゃん。この後ちゃこは小次郎の重みに耐えられず移動したのでした。(茶太ママ記)

代官と越後屋の図かも知れない。「お代官様山吹色のまんじゅうでございます。」「そちも悪よのぉ。」

一転していつもの陣地合戦。「小次郎重いわよ!」「僕もここがいいんだもん。少し貸してよ。」「じゃあ乗らないでよ。」

注:日記の天気は群馬県南部の天気です。


2005年2月

2005年4月
inserted by FC2 system